FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/09/08 (Tue) ご案内。
2009/09/08 (Tue) 気になる木の窓2。
2009/09/07 (Mon) 気になる木の窓。
2009/09/06 (Sun) 隙間の国。
2009/09/04 (Fri) 夢メモ。

Selected category
All entries of this category were displayed below.

鳥取県って

子育てするのに環境がとても◎

自然豊かなのはもちろん

産婦人科・小児科が割と多い。


それから、

先日こんなのが届きました。

「子育て応援券」

子供の一時保育にも使えるんだって。

助かります。





話題は変わりますが

今週末はこんなイベントがあります。

森の楽校・夜の部とか

満月の夜の読書会とか・・・。

数年前から気になっていましたが

今まで子供を連れて行くにはなかなか

難しかったけど、気になるな~。

セレン環境教育事務所




代表の桂子さんは

あちこちでよく出会う人の1人。

桂子さんのイベントにご縁があるといいなぁ~。
スポンサーサイト




2歳児って、

何かする時はイヤイヤばかり

外を歩けばすぐにダッコ~

ご飯は食べたり食べなかったり

都合が悪いと逃げる逃げる

はしゃいで逃げる~

おもちゃを散らかしたり

おもちゃを投げたり


その投げたおもちゃが私に当たった。

そして悲しそうにしていたら、



「お母さんは僕が守るよ。」



(笑)

って、君が投げたんでしょう~。


でも、そういって近づいてきて

ギュッとして

チュッ。


「大丈夫だよ。痛くないよ。

イタイノイタイノとんでゆけ~」


矛盾してるけど

嬉しかった~。

やんちゃ盛りの息子。。。

日々ベッタリの息子とどのように過ごすのがお互い楽しいのか?

毎日自分に問います。

面倒見の悪い私なりに

日々、動いて、怒って、考えて、疲れて、パタ・・・

そしてまた動き出す。

怒ったり、考えたり、疲れたり。。。

そんないわゆるネガティブ?なところも大事にしてゆこう。

どの感情が湧いてもいいじゃない。

そのままの自分でいよう。




昨日は南部町のスポーツ施設、その名も「しあわせ」に行ってきました。

初めてのプールに息子は大喜び。

しかも、小学生未満の子供と一緒だと料金が250円なの。

しかも、施設内の食堂は日替わりが450円なの。

色々な意味で満足ですが、

久しぶりのプールに体力を消耗。

息子よりも体力ないのです。

体力つける意味でも毎週通いたいところです☆


そして今日はカメラを持って近所の公園へ。

もくもくと砂場で遊ぶ息子を横目に、もくもくと雑草の写真を撮る私。



育児ってどんなか子供が出来るまで考えたこと無かった。

思いの他大変なことばかりだけど

そのプロセスを悲観するのはもったいない。

「大変!大変!」と思いながらも、

振り返るとただ懐かしい。

その時感じた色々な感情があっただろうに

次から次へと色あせていく。

フラットになっていく。

そして成長した息子、そして私、そして家族がここにいる。

最近疲れた。。。

色々なことに疲れた。。。



なんて言ってる暇があれば、

ハンドル握って行けるところまで

何も考えず、タイヤが転がる先へ。。。

446.jpg

着いたのは水族館。

※息子はいちばん左。

200905281821000.jpg

そして温泉。

200905291043000.jpg

今日は自転車で野いちご摘み。



楽しいことを探したり、アトラクションを楽しんだり。。。

違う違う。

これじゃない。



こっちじゃないと解っていて進む。

進んでみて、やっぱりこっちじゃないと解る。

それでいいんだ。

その中で見たものは無駄じゃない。

シロイルカとお話できたし♪




明日は念願の2連休~♪

家とパソコンとココロの掃除。


コレコレ。


一番やりたいこと、

一番行きたい場所へ。

うちの子はトーマス大好き☆

今日はネットのお話をパパが読み聞かせていました。


私も一緒に耳を傾け。。。


機関車トーマスのマイティマックのお話。
http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Thomas/top.html


トーマスのコトバ。

「かんたんだよ!
いきたいほうこうをみて
そこにつながっているせんろをすすめばいいのさ」



こんな短編のお話なのに

すごく視点の変化がある。

お話のポイントは色々あったけど

読んでいると、ココロの視点が変わるのがわかる。



最初は

「え?」

って、つっこみたくなるような会話の中に

深い深いことが詰まっていました。



トーマスのコトバほんとに響く☆


「かんたんだよ!
いきたいほうこうをみて
そこにつながっているせんろをすすめばいいのさ」



今日の私にリンクしているトーマスのお話でした~。

着付のお仕事って早朝が多い。

最近は卒園式だったりが多いから、

9時には終わっちゃう。


主人は休みで、子供はおばあちゃんちにお泊りしていたから

久しぶりにカフェでモーニング。

モーニングはやっぱり服部珈琲。

サンドイッチが最高に美味しい。


374.jpg
375.jpg

最近気になっていたこと。


子供を産んで今まで、常に子供と一緒だった。

だからか意識が子供に集中してしまう。

例えば危ないことしてないかとか。。。

子供に気を配る習慣があるのは当たり前ですけどね。



自分のラインと子供のライン。

どちらも同時進行で頭の中にあって、

そのバランスをとりながら子育てをしていた。


もともと、子育てをしながら自分の仕事をするという

目標というかイメージが頭の中に前からあった。

それは、本当にカタチになったけど

どうしても自分のことと子供のことと

意識が二重にあるので、それが重いことがあった。

そして、それは仕方のないことだと知っていたし

子供への意識は外すべきではないという概念もあった。

誰に聞いても答えは同じだった。



ここ2、3日子供といる時間が少なかった。

友達と神戸へ行ったり、主人とデートしたり、

なんて身軽なんだろう。



こんなに身軽になったのは久しぶりな気がする。

忘れていた感覚。

あんまり身軽なので、ジャンプしてみたら10mくらい飛べそうな感じ。



子供と一緒な時もこの感覚でいれたらいいなと思った。

そしてそれは可能なのだと思った。

子供への意識を無くす訳でもなく

身軽な感覚でいられるはずだって。



ついつい親は子供を心配しがちで、

心配することで親業に励んでいるみたいな。。。

そんなつもりではないけれど、

それに近いものがあったかも知れない。



おばあちゃんのとこから、

息子が帰って、なんだか成長したみたい。



ということで、これからもどんどん

可愛い子には旅をさせよ~。

その隙に私も旅をしよかな~(笑)


380.jpg


子供が重くなったせいか、疲労が少々肩にのしかかってきました。



整体に行ったけれど、逆に揉まれ過ぎて疲れたかな~。

できるだけ体を温めたり、温泉に行ったり。



でも、何よりの薬は人と話をすること。

外に出て誰かと会話をしたり

家で夫と会話をしたり。


そうすると、カラダが少し軽くなるというか

「頑張ろう!」

という気持ちになる。





引きこもり主婦ではないけれど、

それがどれだけ大切か、

育児をして気付いたことのひとつです。

共感してくれるママも多いかも。





カラダが痛いとココロが痛い。

もう少し外に出よう・・・。
(あ、結構出てるか・・・)

ということで、明日は子供を預けて撮影のお仕事です。

ある意味、仕事の日は休日な感じです。

310.jpg

午前中はママと一緒に遊ぶ。

自転車で中海沿いを走ったり、

錦公園でどんぐり拾ったり、

児童文化センターのからくり時計みたり、

おもちゃで遊んだり。




お昼ごはんは、

残りものだったり、

パパのお弁当を横取りしたり、

のり巻きの入ったアンパンマンのお弁当だったり、

大好きなウインナーを食べたり、

錦公園で遊んだ日は、医大でパンを食べたり。




そして午後はお昼寝。

自転車で寝かされたり、

車で寝かされたり、

おんぶで寝かされる。




起きたらおじいちゃんとおばあちゃんが

たくさんおやつをくれる。

そして、ぜんまい侍を見る。





夜になってパパが帰ってきて、

一緒にお風呂に入って、

ご飯食べて、

ブロックかトミカで遊んでから、

ふとんのなかに入って絵本を読んで寝る。



深夜、

ふとんを蹴ったり、

あっちいったり、

こっちいったり、


寒くなってママのところに行くけど

またパパのところに行ったり。


そうこうしていたら朝がくる。

家にあるおもちゃより、
外で見つけたおもちゃの方が楽しそう。

枯葉の上を歩いたり、
集めてばらまいたり。

309.jpg


202.jpg


普段よく口にするコトバ。

「ばーん」

丸いものは全般的に

「ばーん」

風船も

「ばーん」

皆生タクシーの屋根に乗っているのも

「ばーん」

ビルの屋上の水道タンクも

「ばーん」

出かける度に

「ばーん」

家にいても

「ばーん」


それも!?
なるほど~
ということが多い今日この頃。



子供を同年代の子と遊ばせる機会をあまり持たなかったので
今日は児童文化センターの「えほんとわらべうた」の会に行ってみることに。

やっぱり子供は子供同士がいいのかな。

それが終わって屋外でお昼ご飯を食べていると
自然と子供の輪ができてきて。。。

天気もよく、風が気持ちいい昼下がり。


私の住む街は、木々も豊かで海も山も近く
人々も親切で、友達の友達は友達というくらい狭くて
一つの輪ができているホントに雰囲気のいい街。

こんな素晴らしい環境をもっともっと満喫したり
楽しみ方を沢山の人に伝えられたらと思いました。

174.jpg



親子一緒に暮らす時間はほんのわずか。
人間だってそうなのかもしれない。

赤ちゃんの時間はホントに短いから
今を大事に大事にしなくちゃね。

時間はあっという間。

時間がもたらしてくれる変化の中で
精一杯暮らしていこう。



。。。五月病が治ったと思ったら、今度は寒くてカゼをひいてしまい
ぼんやり過ごす時間が多かったです。。。
反省。。。

もっと時間を大切にしなきゃね。



と言いながら、昨夜は主人が飲みに行くといって出かけたので
子供を寝かせたあと、『24シーズン?』を見出してしまいました。
でも、今回は早送りしてみることにしました。
24特有のイライラも軽減されて、サクサク見れて、英語のリスニング能力も
アップするのでは?といい感じです。

遊びたいときに遊び、食べたいときに食べ、眠くなったら寝る。


そんなんじゃダメだって言われそうだけど、
私の育児のタイムスケジュールはこれをモットーにしたい。

その中に規則性が出てきたらベストだけど
出産してしばらくはメチャクチャ。

1歳頃からなんとかリズムが取れてきて
母乳をやめた1歳4ヶ月頃から、規則正しくなってきました。


そして、最近気になるのはしつけ。
三つ子の魂なんとやら。。。

先日、父に
「ウロウロしてご飯食べさせるな!」
って言われ、

「あー、確かにウロウロしてご飯を食べることがたまにあるなぁ。。。」
と思っていたので、気をつけることにしました。


ここ3,4日は食事の時、落ち着きがなくて
すぐにテーブルから離れたがる。

ご飯もあまり食べず、好きなデザートばかり欲しがる。

「お行儀よく食べなさい!」
と叱る私。

わがままを言っているのかと思いきや
それが2,3日続くし、どうも様子がおかしい。。。

病院に行ってみると
「喉がだいぶ腫れていますよ。
これじゃ、ご飯食べるのが辛いですよ。」

って、言われちゃいました。


ごめんよー。
気がつかなくて。。。


やっぱり、
遊びたいときに遊び、食べたいときに食べ、眠くなったら寝る。

当たり前というか、直感的なこれらのことを大切にしたら
健康にも繋がってくるのかもしれない。

自然に自然に、
誰かに教えてもらったことも参考にしながら、
でも、自然に自然に。


173.jpg


昼下がり。
お昼寝時間の息子をおんぶして寝かしつけようと
お散歩がてら外へ出た。

駅前通りのビルの隙間。
137



暗いビルの隙間から、湧き出す「幸せ」の緑色。
138


ずっとここで春を待っていたんだね。

家に帰るころ、息子は夢の中。

春の日差しを感じる朝はお弁当を作ります。

何も予定はなくても、今日はピクニックの日にするのです。

子供の手を引いて、お弁当持って

近くの公園でピクニック。


道端には春が咲いています。

空の風は少し霞んでいます。

空を飛ぶ鳥を見て、息子は指差します。

なんでもない一日。

だけど、大切な一日。

おおいぬのふぐりが咲くのを見ると、子供のころの記憶が蘇ります。

日差しのぬくもり。

春の光。

もうすぐ自分の誕生日が来るんだって思って毎年眺めていました。

子供の頃は、もっと近くに見えたのに、

今は気をつけてないと見過ごしてしまいます。

117.jpg


118.jpg



育児ツールって色々ありますが、
私は兵児帯を愛用しています。

家で家事をする時、子供は嫌がる間もなく
簡単におんぶできるから。
既成のおんぶ紐も持っているんですが
あれは足を入れなきゃいけなくて
もたもたしちゃうし、嫌がるし。

あと、寝かせる時にもとても重宝しています。
おんぶして歌を歌うとワンフレーズで
眠ってしまうことも。。。
紐を解いてそのまま子供の上にフワッと
かけてやることもできます。

外出時は、所帯じみてて正直抵抗がありますが
念のためカバンに入れておくとスリングがわりにも
なって、いざっていう時に重宝します。
布地が薄いのでコンパクトにたたんでかさばらないし。

とても気に入ってます☆


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 analog gallery, All rights reserved.