FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/09/08 (Tue) ご案内。
2009/09/08 (Tue) 気になる木の窓2。
2009/09/07 (Mon) 気になる木の窓。
2009/09/06 (Sun) 隙間の国。
2009/09/04 (Fri) 夢メモ。

Selected category
All entries of this category were displayed below.

新しいブログを始めたので

今後そちらで更新していこうと思います。

http://blog.zige.jp/analoggallery/


こちらのブログの過去の記事は

そのままにしています。


スポンサーサイト




509_20090816155010.jpg

見えない鎖を引きずって。。。

見えない糸で絡み合い。。。

見えないアンテナを立てて。。。

見えない電波をキャッチ。。。


表現は色々。

どれも一緒なのかな~

どれもホントは見えてるのかも~

510_20090816155127.jpg



昔イメージしたことが

今当たり前のように

それが日常のように

何かが溶けて混ざり合うように

自然とカタチになっていたりする。



いつもいつも

新しいイメージが沸いては

その向こうへ向かう。




前にイメージしたこと


こうだったらいいな~

こんな風になりたいな~

こんなライフスタイルがいいな~

こんなことしたいな~



と思っていたことも

前にイメージした通りになっているんだと思う。


どんな状況もイメージ通りに迎えてるのだと思う。




最近大山へ行くことが増えた。

kayo&kazuのcoucouが大山に拠点を移したから。
(でも冬は米子の予定です。)

『line』

という新しい山陰クリエーターズショップ。


512.jpg

大山寺参道の中腹に大きな3本杉があるところです。


今日のkayoちゃんの姿を見て

イメージを語り合った頃のことを

思い出しました。




そうそう。

そうなんだよね。



私もそう。

やっぱりそう。




何が「そう」?

なんだか上手く説明できないけれど

なんだかそうなのよ。

443.jpg

昨日25日は私の誕生日でした。

沢山の素敵なメッセージをありがとうございました☆

そのメッセージのひとつひとつから、

広がって

響きあって

満ち満ちてくるものを感じました。

ありがとう☆


444.jpg


前日の24日は久しぶりにショックなことがあって

残念に思ってみたり

正当性を探してみたり

責められるのではと不安になったり

この先どうしたらいいのか悩んでいる自分がいました。


一時間くらいココロの中を右往左往していました。

その感情、自分が感じていただけなんだよね。

わかってる、でもやめられない(笑)

でもやめた。


これこれ、コレだ。。。

ふふふ。

こんな退屈な場所にココロを追いやるのはもうやめよう。

ただただFREE。




445.jpg

目まぐるしく変わっていく世界。

誰かが産まれて

誰かが死んでいく。

誰もがココロもカラダも変化していき

大きな繋がりの中

誰かの変化が自分の変化に繋がっていき

自分もまた同様に。


そこにいる自分。

自分で選んでそこにいる。

どんなに嘆いても、どんなに「ラッキー!」なんて思っても

どんな現実が出現しても自分がそれを選んでいる。

その流れの中、また選んで行ける。


そうしているうちに、「心配」なんてコトバがどんな感覚だったのか忘れてしまった。



「ありがとう☆」

と口にするだけで、ステキな光が広がっていって

それを見て

「豊かだ~」

と口にするとまた、広がっていく。


昨夜は、本当に穏やかで懐かしく、

沢山のご馳走も私のココロの中もどちらも味わい深く

ただただ豊かな晩餐でした。

437.jpg

いつも僕たちは行きたいところへ飛んでゆける。


誰でも。

いつでも。




何かに遠慮していたこと。

誰かの評価を受けいれられない自分を責めたこと。

時間がないとか、お金がかかる、技術がないからと諦めたこと。




もうそんな習慣はおしまい。





最近、身の回りの時計が早く進みます。

皆さんはそんなことないですか?



私は、居間・トイレ・炊飯器・車・腕時計・携帯などの時計を利用しています。


トイレが8分くらい

腕時計が5分

炊飯器と居間は2分

早く進んでいます。



反対に車は1分遅れています。



身の回りの時計が、

リラックス度。。。

というか、急いでいるか否かを示しているよう。



ふと、急いでいる自分に気がつく瞬間、

面白い発見があります。

20090511114812.jpg

3年いられそう~。

気持ちいい~

今日も森の中。


この石は、いつからここにいたのだろう?

そんなことはどうでもいいや。



ただ、ここにいる。

そして私がここにいる。

390.jpg

子供の頃に植えた杉の苗木。

最初は手幅ほどだったけど、こんなに大きくなりました。

どこまでも高く真直ぐ伸びて行きそうな杉の木。


木がそこに立っているのに意味はなく

誰かがそれに意味や思いをくっつけているだけなんでしょう。

木の歴史も人の歴史も、

歴史なんてそんなものだけど、

そんなプロセスが面白いね。


そんな過程の中で、

そこにある意味や思いを見つけた時

感動は大きいものです。



でも、ただの杉の木。

だからこそ味わい深かったのでしょう。

363.jpg

撮影場所:Moga

351.jpg

撮影場所:瀬戸内海




一般的に人々は闇や影を怖がります。

なぜ怖がるのか、

なぜ怖がらせているのか、

そこには何もなかったということに気付きたくないから。

または気付かせたくないから。



だそうです。

なるほど~。




以前、ライティングアドバイザーの仕事をしていました。

あかりには色々なあかりがあって、

それと同時に色々な影があって、

雰囲気も色々で。



うちの照明も白熱灯を灯したいなぁ。

我が家は、ビルの1フロア。

だから、古い直官蛍光灯が整列してます。

このビルの建設当時の蛍光灯器具なのかしら?

中にはスイッチ入れて、数時間後に点くのもいます(笑)

324.jpg

風の吹くまま。
そんな風な無邪気な感覚で行く。

大きな荷物をもっていると
風の吹くままの方向へ行けなくなる。

くすぐったいくらいの幸せと楽しさとワクワクと。
風に背中をくすぐられるように軽く軽く。

313.jpg


312.jpg


314.jpg

只今、米子本通り商店街のナビカさん2階、nabika'sギャラリーで、
「たまご工房~綾美~」の川北洋子さんによるエッグアート展を開催中です。


以前から洋子さんとは親しくさせていただいていて、
エッグデコレーションのポストカードも作らせて頂いております。

たまごというとても身近なもので、
こんなに素晴らしいアートができると思うと
可能性の素晴らしさを痛感します。


クリスマスのお買いもがてらナビカさんへ足を運んでみてください~。

私はナビカさんの石鹸やハンドソープを愛用していますよ~。
クリスマスに向けて新しい香りのものを調達しようかな。

311.jpg

カタチあるものはいつも生まれ変われる。


292.jpg

鬼備前のあかり。
プラネタリウムみたい。。。




291.jpg

はじめて出会う人なのに、
そんな気がしないことがよくあります。

産まれる前に
どこかで親友だったのかとか
大切な人だったのかとか
家族だったのかとか。。。

一瞬そんな創造をしながら、
また会えて良かった。。。
そんな気持ちになる。


タイムマシーンは見たことないけど
あればこんな感じなのかな?
それとももっと原始的なものだったりして。


過去の沢山の記憶は
思い出せないだけで
きっと現実より鮮明に
心の中に刻まれているんでしょう。


撮影場所
島根県
小豆原埋没林公園

今月のnabikaギャラリーは寺脇薫子さんのグラスアート展。
ということで、早速覗いてみました~。
271.jpg

お店を入って右手の階段を登ったところがギャラリーになっています。
272.jpg

鏡にさりげなくグラスアートを施したもの。
274.jpg

薫子さんの色使いステキです☆
273.jpg

是非覗いてみてくださいね~。


ペットの写真でポストカードを作ってください。

というご依頼を頂き、早速撮影に伺いました。

うさぎ逃げすぎ。。。
でも癒されました~。

246.jpg
小さくても大きな夢を描く。

247.jpg
マフラーと手袋と。

シータのコピー248
いつもいまここから。

236.jpg
暗闇にいるからこそ光が見える。

撮影場所:米子市淀江町


暗闇。。。
と言っても、暗闇の中にいるとか、光の中にいるとかそういうことではなくて
何でもプラスマイナスゼロなんだなぁと考えることがあります。

でも、例えば不安や挫折を暗闇だとすれば、それは光を見つけるチャンスだと思います。
不安や挫折というのは曖昧なポジションにいる状態。
だからこそ、どうすればいいのか考えざるおえない良い機会なんでしょう。
失敗する度に矯正し、それを積み重ねて優しさの光に変えたいものです。

216.jpg

ノームの糸車にて。

ひとつひとつ丁寧に仕上げられるノームの糸車の羊毛。
その作業を目の当たりにしたら、
物には魂があるんだなぁと
実感させられます。



トリミング前の写真はこんな感じ。
丸いものが大好きな息子。
217.jpg

218.jpg


213.jpg

花くばりの、のの花さんの作品。

そっとそっと、でも存在感のあるお花の活け方だなぁといつも感じます。
お花に集中力を感じます。


Moga(モガ)にて。



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 analog gallery, All rights reserved.